カテゴリ:
【女性】いつものように満員電車に乗り、いつものように痴漢にあった

昔々高校時代、右も左も分からないまま、なんとか済ました初Hの数日後。
いつものように満員電車に乗り、いつものように痴漢にあった。
普段は適当につねったり身体をずらしたりして逃げてたんだけど、その日は逃げ切れなかった。
指が下着の中まで入ってきたけど、身体も動かせないし、次の駅で降りようと途中で諦めた。(一見清楚系なので、今までも、よくあったし)

でも、その日は確実に何かが違った。
ジンって熱くなって、今にも声が出ちゃいそうで、
痴漢のオジサンはそんな私を見てドンドン興奮していくのが分かる。
彼との初Hの記憶がごぢゃまぜになって、あそこからはクチュクチュと音がしてる。



電車の中なのに…と恥ずかしくてたまらないのに、クチュクチュはドンドン大きくなる。
気持ち良すぎて立っていられなくなり、オジサンに身を任せ、抱きかかえられた状態でイッてしまった。

オジサンが嬉しそうに耳元で「グチョグチョだね」って囁いて、そこで我にかえり怒りがフツフツ。
オジサンはまだ下着の中でゴソゴソしていたけど、私はスーっと冷静になって
「…降りないの?」と睨んで言った。
慌ててオジサン逃げる。
降ろさないで、警察呼んでやればよかった。

結局、初めてイッてしまったのが、そのオジサン。汚されてしまった感が強くて、何度も涙が出た。
悔しくて堪らなかったのに…何故か思い出すとまた変な気持ちになってしまう。





人生の中でで一番エロかった体験
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1328429294/