カテゴリ:
男人気は無いが上司や女からは可愛がられている同僚女との体験

俺:20代後半 
ガリのブサメン。
大学の時に一応脱DTしたがそれ以来彼女無し

同僚女:20代後半(Aとする)
ややピザ。
あっけらかんとしている。女芸人タイプ。

顔面偏差値は、好みの人が見れば50前後、
好みでない奴なら40くらいといったところ
どちらかと言えば濃い顔。
芸能人で誰に似てるなんてレベルではない。


男人気は無いが、上司や女からは可愛がられているようだ。
特に女としては、自分の引き立て役や
「Aちゃんも可愛いよぉ~w」とおだてるのにちょうどいいルックスで、
性格も悪くない、まったくの無害だからな。

前世間話した時、160cm、60キロくらいと言っていた。
オパイは、D~Eくらいかと。

 


先日、偶然お互い帰りが遅くなったので、じゃあ飯でも行くか
ということになり、近所の店へ飲みに行った。

世間話やら会社の愚痴やらをお互い話していたのだが、
Aはあまり酒が飲めないのに、今日はずいぶん飲んでいた。
ストレスがたまっていたのだろうか。

酔いが回ってだんだん静かになってくるA。
「あれ?これやれるんじゃね??」なぜかそう思った俺。

Aとは今まで特に恋愛話はしたことなかったが、まあそれなりの経験はあるだろう。

「おい、飲み過ぎw俺んちで休んでく?」なんてベタなセリフ。

「…うん」とぼーっとしながら答えるA。


ktkr。
俺んちは会社の近くで、よく色んな奴が泊りや宅飲みに来る。
Aも何人かで来たことがあったので抵抗感が薄かったのだろう。


俺んちに行く間も、何やかやと話しているA。
着いてからも、「暑いし疲れただろうからシャワー浴びたら?タオル使っていいから」
と言うと素直に向かっていった。


Aはシャワー後も同じ服を着たようだった。

俺の職場は、通勤時は自由な服でよかった。
Aはラフなワイシャツにデニムのスカートだった。

その後、俺も、とシャワーを浴びに行った。


シャワーから戻ると、Aは寝ころんでいた。
ピザなのでちょっとトドっぽいとは感じたが、
スカートから出ている脚や、無防備にごろんとしているすがた

このチャンスは無駄にできんと思った俺は、ゆっくり近づいてチュー。

「んー?」Aは起きていたようだけど、特に嫌がってなかった。
こっちが舌をからめるとぎこちなくさわり返してきた。
少し酒臭い。お互い様だ。

これはいけますよねー。おkってことですよねー

手を入れて胸を触る。やたら柔らかい。ピザだけある
しかし弾力があるという感じではなく、しぼみかけの水風船?みたいな感じ。


俺の指が冷たかったせいか、乳首がキュと立ってきてるのが触れてわかる。

乳首を触れて軽く弾くと「~~んっ!!」とAの声というか息が聞こえる
普段は低めでお笑い芸人みたいなんだが、静かでいつもと違う雰囲気に興奮した。

タオルを外して見る。
胸はDかE、90くらいあると思うが、触った感じ通りやや垂れていた。
その上乳輪がデカい…6~7センチあった

天然でおっぱい大きいと垂れやすいし乳輪がデカイ
というのはおまえらから聞いていたので、知識としては持っていたが…

元々Aは色白なだけあって、乳首は黒くはないが…。


しかしこのままやめるわけにはいかんのが本能w
せっかくなのでデカパイを楽しませてもらうことにした。
目をつぶって乳首乳房を舐め回しいじり倒した。

「ちょ…っんん!」
「○くん(俺)…ん!」
オッパイデカイ女は感度が悪いって聞いたことがあるけど、
乳首は敏感みたいで、俺が触ったり舐めたりする度声をあげるAに、
支配感のようなものを感じた。

特に、乳首を指で摘んでから擦った時にビクンとなるのが楽しくて、
不意打ちでやってみたり、
何度も繰り返してみたりしてみた

その度、Aがビクンとなり、自分の口や顔を隠して「やぁ…っ」とか言ったり
俺の頭を軽く押し戻りたりするのにも興奮した。


スカートは、上手く脱がせられなかったので、Aには悪いが、
腹巻き状態で捲し上げさせてもらった。
ピザなので、ウエストもそれなりにあった。樽ドルレベル。目立たなくて好都合だろうw

パンツを脱がせる。

Aは、かなり毛深かった。ケツ毛バーガーさん的な。
髪も眉もやや濃い目だったので、一致するんだなぁと感心してしまったw

足も太い。M字開脚させてアソコを覗いて触れた。

シャワー直後なので匂いは無かった。マ○コ自体は微かに濡れて柔らかかった。
フニャフニャと触れながらクリらしきところをいじると、
Aがまた「ひっ…ぁ」と声を漏らして後ろに腰が引ける。


液を指に絡めてヌルヌルとクリを擦ると、
Aがビクンビクンなり吐息ともとれない声を出す。

クリが最初より硬くなり、その周りが柔らかく?なっているのを感じた。

毛深いしピザだし好みじゃねーwから、
そこまでするつもりは無かったんだが、硬くしこったクリを触っていると、
無性に舐めて味わって見たい気分になった。

毛を分けて口を付け、クリを舐め回す。
「えっ…ちょ○くんっ…ゃあああっ」
Aが頭を軽く押さえて抵抗する。

足も閉じてくるが、逆に太く柔らかい太ももの感触を
頭部で味わいながらのクンニができて良かったw


さてそろそろフェラでもしてもらおうかと思いながらも、
Aの穴に指を1本入れてみると
「いたっ!!」とA。

あゴメンゴメン
……指1本で痛がるって、もしかして、、、


俺「…Aって、こういうの初めて?」
A「…うん。」



おいおいおい。酔いも醒めてきたw
確かにモテそうにはないルックスだろうけど、
酔ってたからってホイホイここまでやっちゃうのかよ。


結局、それ以上はやめといて、Aにはフェラ講座をしといた。
ぎこちなくて1回歯が当たりそうになってヒヤとしたけど、苦しそうに一生懸命、喉の奥まで入れる姿を見て


…やっぱ好みじゃねーなw と思ったが言わなかった。

口内発射したのを「まずいw」とティッシュに出してウガイして終了。そのまま雑魚寝した。


翌朝、Aは一度早めに家に帰って、何事もなかったかの様にAも俺も出勤。今日も普通に仕事してきた。

相変わらずあっけらかんとしているA。
別に付き合うことになったわけでもない。ああいう子もいるんだなーと思ったのでした。