カテゴリ:
4つ上の高3の彼女の性欲の捌け口になっていった 616 名前: えっちな18禁さん Mail: sage 投稿日: 2012/11/09(金) 19:16:22.12 ID: 0fPLqKzW0 俺は結婚して15年経つ40過ぎのおっさんだが、 今までの人生の中でいちばん頻繁にセックスしてたのが、 中2の7月~翌年の3月までの間。 相手は4つ上の姉の同級生で、当時高校3年。 彼女が高校卒業と同時に、関係は突然終わった。 この経験はいろんな意味でその後の人生に影響を及ぼした。   例えば、しばらくの間オナニーでなかなかイケなくなった。 受身のセックスに慣れてしまい、セックスの回数が多いだけで、 女性、セックスに対して、全く自信が持てなくなっていた。 彼女との関係が終わってから、次のセックスは大学に入った19歳の時だった。 その時の彼女には童貞だと嘘をついたが、今思えばどう考えても童貞まるだしの セックスだったと思う。 そもそも自分がリードするセックスはその時が初めてで、 恐ろしいことに、コンドームを着けるのもほとんど初めてだった。 彼女はとにかく舐めさせるのが好きで、いつも30分くらいは舐めさせられた。 イク寸前にはいつも、クリトリスを俺の鼻にグリグリこすり付けてきた。 その後、ご褒美にフェラの後チンコを入れさせてもらうという流れに・・・。 14歳の少年としては、あの匂いと味はエロいというよりも、汚いという感情のほうが強かったな。 当時、そこから出てくる液体が何なのかわからず、飲みこんで大丈夫なのかいつも不安だった。 いつも誘うのは彼女のほうからで、その後のご褒美につられて断れず、 彼女の性欲の捌け口になっていったのでした。 もう30年くらい前の話。ちなみに結構な田舎です。 なんであの当時妊娠しなかったのか今でも謎だ。
学生時代のエッチな思い出 5thMemory http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1304743703/