カテゴリ:
(前)暇だったので25歳の女の子を雇ったら色々あったので書くわ 2

暇だったので25歳の女の子を雇ったら色々あったので書くわ

885名前: 840 Mail: sage投稿日: 2012/09/21(金) 02:40:24.51 ID: mbETmR1s0
明けて月曜日。毎週月曜日の朝は全社員が事務所に集合。簡単な会議をする。
桜子も徹平もいつも通り参加。なんだけど、二人でアイコンタクトをしたりして、雰囲気が違う。

で、各自が現場へ散っていき、事務所におれと桜子の2人が残された。
桜子はいつもよりも上機嫌にみえる。
そのことを指摘しても、「えー、いつもと同じですよー」と言って、はぐらかされた。

この日、定時になって桜子が帰った後、徹平が事務所に戻ってきた。
どうなってるのかを聞くと、徹平は語り始めた。
 


あの日、やっぱり桜子と何発もやりまくったそうだ。
桜子のおっぱいはデカいだけでなく、形も色もきれいで、
徹平が見た中でもトップレベルの美巨乳だったらしい。
また、マンコも相当気持ちよかったとのこと。


金曜の深夜は、桜子は酔っぱらってヘロヘロだったらしいが、
土曜の朝ぐらいからは、酒が入ってない状態でやりまくったらしい。
ちなみに、彼女は彼氏がけっこう暴力的なセックスをするらしく、
セックスに対して恐怖感があったらしい。
しかし、そこは徹平。自分が気持ちよくなるだけでなく、彼女を何回も逝かせたらしい。

それで、桜子は徹平にメロメロになった。
しかし、桜子としては彼氏を捨てることができない。
その日の夜に桜子は、彼氏と会うことになっていた。
徹平は桜子の彼氏と別れたいという気持ちを確認したうえで、彼氏に話をつけに行ったそうだ。
徹平は一緒に行こうといったが、桜子が怖がったので、徹平一人で行ったらしい。
そして話し合いは成功し、晴れて桜子は彼氏と別れて、徹平と付き合うことになったそうだ。


どうやって話をつけたのかは、あえて質問してない。
とりあえず言えるのは、
・徹平はその軽そうな外見とは裏腹に、空手だか何かの有段者だということ。
・それから、けっこうな金持ちであること。
・そして、彼氏の桜子への暴力行為を知っていること。
そんなところだ。
そのどれかか、あるいはいくつかを使って別れることを納得させたんだろう。

まあ、何にしても、おれとしては大事な部下の2人がくっついてくれたのは嬉しいことだった。
徹平は、これからは彼女と付き合うことをきっかけに真人間になろうと決めたんだろう。
おれと同じように。

そのことを徹平に話したら、きょとんとした後で大爆笑し始めた。
「何言ってるんですか社長。勘弁してくださいよ。おれにとって女なんてみんな同じですよ。
確かに桜子はすっげー美人だし、スタイルも最高です。見た目は最高ですよ。


でも、精神的にガキなんですよね。
自分の恋愛の後始末ぐらい、自分でしろって言いたいです。
そんなことまで他人に頼って、恥ずかしくないんかって思いますよ」

そう言われてみれば、そうかもしれんが。じゃあ、なんで彼女と付き合うことになったんだ?

「ホントはそんなつもりは全然なかったんですけどね。
ただ、遊びでヤラれたってことになると、あいつの性格上、会社を辞めかねないんで。
彼女に辞められたら、社長は困るでしょ?おれも困るし、みんなも困ります。
桜子が仕事ができるのは事実ですから」

「だから付き合うことにして、数か月程度は桜子で遊びますよ。」
「そんな中で、おれを自然に好きじゃなくなるようにもっていって、
彼女の方から別れ話を出させるように仕向けます。
で、別れた後はいいお友達として、これからもこの会社でやっていけるようにしていきます」


「だいたい、桜子は、世の中の男のことを知らなすぎるんですよ。
いくら同じ会社とはいえ、おれみたいなあんまりよく知らない男と2人で飲みに行って、
あんなに無茶飲みするなんて。下手したら輪姦されますよ。」
「だから、この数か月で彼女のために教育してあげますよ。
まあ、自分のやってることを正当化してるだけですけどねw」

なんて恐ろしいやつ。
人として大問題な気がするが、それはおれの器が小さいだけのかもしれない。
実際、徹平の言うとおりになれば、彼女は今後、悪い男には引っかからなくなり、
大きな痛手を被ることはないかもしれない。
徹平は、桜子とハメまくれて幸せだろう。
おれは、桜子・徹平という優秀な部下を2人とも失わずにすむ。
これぞ、大団円というものかも。
でも、そんなにうまくいくのか?

俺「女に関してはおれはお前の足元にも及ばないんでよくわからんが、
 そんなふうににうまく別れられるもんなのか?」
徹「任せといてください。あんなガキ、どうとでも操作できますから。」
 「それにしても社長。桜子はほんとにいい体してますよ。
 マジで最高だし、恥ずかしがっても、お願いすれば何でも言うこと聞きますからね」
といって、1枚のDVDを取り出す。

「これは金曜日の夜に、あの子がベロベロに酔っぱらってる時にやった時と、
それから日曜の夜にやった時のやつです。」
「日曜の夜にやった方は、完全にシラフですよ。
それなのに、付き合って1日しかたってない男にハメ撮りさせるなんて。
ほんとにバカですよねw」

「それは差し上げますよ。けっこう自信作なんで、是非見てくださいね!」

(次)暇だったので25歳の女の子を雇ったら色々あったので書くわ 4