カテゴリ:
【女性】処女だった私の性的好奇心で弟のいたずらを許してしまった

95 名前: 93 Mail: sage 投稿日: 2011/10/25(火) 23:42:45.03 ID: O70egzsw0
説明下手なうえ、私の黒歴史なのですが;
懺悔もどきにお付き合い頂けると嬉しいです。

私が20歳前位の話です。弟は2つ下で、特に仲良くも悪くもない普通の姉弟でした。
家が狭かったのでずっと二人部屋。二段ベッドで私が下。
金属のベッドだったので弟が下りる度にギシギシと音がして、眠りの浅い私はよく起こされていました。

 


確か薄着+タオルケットだったので初夏から秋の初め位だと思います。
その夜も、音が鳴り目が覚めました。
ただ、いつもより控えめだったのでそれほど眠気は飛ばず、そのままうとうとと微睡んでいると
何となく違和感を感じました。加えて、そう言えば下りた筈なのに扉の音がしないなと思い
(夜中下りる時は大抵水を飲みに行くかトイレに行くかなので)
重いまぶたを薄く開けると、ベッドの横で弟が座り込みこっちを見ていました。
何か幽霊みたいで気持ち悪いなと思いつつ、下の収納(弟用)にでも用があるのだろうと目をつぶって
睡魔が残っているうちに寝ようとしていると、ふわりと胸に微かな熱を感じました。
そこで、弟が何をしているのか・何をしたいのかが解かり
まぁ高校生だしそういう時期だよなぁという考えと、馬鹿だなコイツという見下し?優越感?と
まだ処女だった私の性的好奇心と、眠気から来る面倒臭さが相俟って
たぬき寝入りで様子を見てみることにしました。

触れるか触れないかだった弟の手は、私の呼吸の上下に合わせて添えるように触れてきました。
暫くそれが続き、私がもどかしく感じ始めた頃
ゆっくりと優しくその手のひらが動き始めました。
それは弟の息が上がるのと合わせるように徐々に力が増していき、
私は自分の乳首が固くなっているのを感じました。弟にもそれが解かったようで
服の上から指でつまんできて、私の口から思わず声が漏れました。
途端、ばっと手が離れ弟はまた音を立ててベッドの上に戻って行きました。
弟の気配が薄れてようやく、私は自分の心臓がバクバクいっているのに気付きました。
弟の行為というより背徳感やシチュエーションなどに興奮していたんだと思います。
でもまぁ、セックスとはそれほど結びつかないし、
前述の優越感という点でも、普段生意気でキレたら暴力的になる、私を馬鹿にするような弟が
ビクビクしながらそういうことをしているというのが可笑しかったのもあったので
その時はちょっとした悪戯程度に考える事にしました。


数日後、また弟は同じように私に触れてきました。
私もたぬき寝入りを続けました。声を漏らしたり身じろぎすると、行為はそこで終わります。
そんな事が数回続き、その時もそれで終わりだと思いました。
ですが、弟はベッドに戻らず一度部屋を出て行き、暫くして戻ってくると
それまでと同じように私の横に座りました。
寝ているのを確認し(まぁたぬきなんですが)また再開したのです。
胸を揉む手は私の反応でその都度止まりはしましたが、離れることはなく
そのうち片手だったのが両手に変わりました。
それからしばらくすると、今度は服の中に手を這わせてきました。
流石にこの先はマズイかな…とは思ったんですが、直接肌に触れる感覚にゾクゾクと
私の興奮も高まってしまっていて、胸だけならいいかと訳の分からない判断を下していました。


下着の上から揉んでいた弟は、そっと私の服をめくり下着を押し上げて
窓から入る僅かな外灯のあかりの中、私の体を眺め始めました。
勿論、私もそれを薄目で確認しました。
自分の体に欲情してる人間、というのに酷く快感を覚えたのです。
鼻息の荒くなった弟は、直に私の胸に触り、揉み、乳首を弄りました。
私の零す声にも止まらず、逆に興奮しているのか動きが乱暴になっていきました。
そして、片手でそれを続けながらもう一方を口に含んできました。
吸ったり噛んだりが強すぎて正直痛かったのですが、それでも私は興奮してしまっていました。
(まぁ、ホントに痛かったので寝返りうつフリして逃げたりしましたが)
散々弄んだ後、弟は急に体を離し、私の衣服を整え部屋を出ていきました。
音でトイレに行ったのが解かり、あぁ抜いてるんだろうなと思いました。

(次)【女性】処女だった私の性的好奇心で弟のいたずらを許してしまった 2