カテゴリ:
高校時代に脱がし系のエグい悪戯が流行った

高校時代に脱がし系のエグい悪戯が流行ったことがあって、自分もある日ターゲットになってしまった。
多分普通だったら脱がされて写真撮られる程度でおしまいなんだろうが、うちの学校には隣のクラスにホモがいて、
脱がし中にそれを聞きつけて(あるいは呼ばれて)やって来て、野次馬が見ている前で射精するまでチンコをしごかれるという恐怖の展開が待っていた。

このホモ攻撃で射精せずに耐えたのは(自分が居合わせたなかでは)10数人中数人しかおらず、
そいつらはみんな彼女持ちだったので、童貞でチンコ見られるのも初めてな俺は脱がされた段階でもうあきらめてたのだが、
その前の脱がしで緊張していたからだろうか、射精どころかピクリとも感じず、どんなにしごかれても萎えたままだった。



俺は高校時代とにかく真面目に振舞っていたので、珍しいものが見られるかもって事で野次馬がかなり多かったのだが、
時間が経つにつれ「おいおい何も反応しねーのかよ」って空気になってきて、ホモもあせっているのがわかった。


このまま持ちこたえればそのうち飽きられて解散だな、と思っていたら、
野次馬の中で、女子としては一番盛り上がっていたギャル集団(他クラスか他学年)のなかから出てきた女子が「ちょっと代わって」と言って、
なんと(ビニール袋を手袋みたいにはめた状態でだが)ホモの代わりに俺のチンコをしごきはじめた。
もちろん大騒ぎになり、さっき減りつつあった野次馬がどんどん戻り始めた。

ホモの手は最初からじっとりと熱かったが、この女子の手は(ビニール越しだけど)ひんやり冷たく、それまで無反応だったチンコが徐々に勃起。
男子たちの勃った勃ったと大騒ぎする声でさらに野次馬が増え、無数の携帯が俺に向けられている状態。
しかもこの女子、Sっぽく攻めるのにかなり慣れていて、突然手を止めて「気持ちいいって言わないと続きしてあげないよ?」とか言ってくる。
平常心だったら「しなくていいです」というんだろうけれど、もう射精したくて仕方がなかったので完全に言いなり。
オナニーをしていることを認めさせられ、好きな子の名前も言わされ、完全にクラス内での立場を崩壊させられた末に、暴発的に射精した。


その女子は射精してすぐに手を離してしまったが、さっきのホモがすかさず代わって射精中ずっとしごかれたので大量に放出させられた。
やがて写真を撮っていた野次馬がいなくなり、押さえつけられていた手足が開放されて、賢者モードで目の前が真っ暗な状態で呆然としていたら、
さっきのギャルグループがポケットティッシュ1袋とウェットティッシュ数枚をくれて、俺が体を拭いて服を着るまでずっと慰めつづけてくれた。