カテゴリ:
物心ついたときからの幼馴染ちーちゃんとのえっちな体験談

俺には千里ちゃんという物心ついたときからの幼馴染がいて、
ちーちゃん、ちーちゃんと呼んでいた。周辺に俺たち以外子供の
いない地域だったので、いつも一緒だった。しかし中学校に上が
る前にちーちゃんが引っ越してしまい、それ以来交流は無くなっ
た。親同士が仲が良かったので、俺が中学や高校に入学とき、お
祝いで家にきてくれたことはあったが、この年頃になるとお互い
の世界があるわけだし、会っても一言も口をきかなかったなあ。
 で、いつしか俺は大学を卒業し、就職で故郷を遠く離れた都会に
出てきたわけだ。こうなってくると、もう一生会うこともなさそ
うだが、話はここから始まるので、世の中は訳が分からない。

 


 働き出して二年目のこと。会社帰りに携帯をチェックすると、
見知らぬ番号から何度も電話がかかっていた。ワン切りか何かか
とも思ったが、それならこうもかけてくるはずが無い。俺はちょ
っと不審に思いながらも、その番号にかけてみることにした。
 プルルルル(電話の音)・・・プルルルル・・・ガチャ
俺:もしもし・・・・・・
ち:あー! かっちゃん(俺の名前)、久しぶり!
 声の調子と、クニの訛りですぐに分かった。かけてきたのは、
ちーちゃんだった。スゲー懐かしい思いで、俺は話をした。と言
っても、今どんな仕事をしているとか、どこに住んでいるとか、
そういう話だ。ちーちゃんは短大を出たあと、保育園の保母さん
になっていた。子供のころから保母さんになりたいと言っていた
から、夢をかなえたことになる。しがないサラリーマンになった俺
は、その点、素直に凄いと伝えた。ちーちゃんは照れくさそうに、
そんなこともないよと言っていた。


ち:ところでさあ、かっちゃんは仕事忙しい?
俺:スゲー忙しい。俺さあ、会社から出て、すぐ電話かけてんだぜ。
それでもこんな時間(23時)になってんだから、分かるでしょ。
毎日夜は十時まで仕事してるよ。
ち:凄いね! ちーちゃんの仕事は、夕方四時くらいまでだよ。
俺:それはそれでスゲー(笑)
ち:でも忙しかったら、こんなこと頼めないかなあ・・・


聞けば、ちーちゃんは最近鬱病だと診断されたそうだ。
田舎の町では少子化の進行が早いらしく、保育園の先生は人余り状態で、
ベテランの先生から嫌がらせを受けたそうだ。けど保母さんという職業は、
ちーちゃんにとって簡単に諦められるものではない。なついてくれている
子供もいる。その軋轢が引き起こしたもんだろうと、話を聞いた俺は判断
した。今回、急に俺のところに電話をかけてきたのも、ちーちゃんの鬱病
が関係していた。


病院で渡された薬を飲んでいるらしかったが、それがどういう薬なのか
ちーちゃんには今ひとつ分からない。それに鬱病にかかったことがバレる
と、ますます保育園を辞めさせられそうで、周囲の人間に相談することも
出来なかったようだ。俺が頼まれたのは、ちーちゃんが飲んでいる薬がど
のような効果のあるものなのか、副作用があるのかないのか、それを調べ
ることだった。俺は昔から本ばかり読んでいたから、そういうことも知っ
ているだろう考えて電話したそうだ。


俺:それなら大丈夫。大学のとき、薬学部にいた友達がいるから、
そいつに聞けばすぐ分かると思う。
ち:ありがとう。でね、一つどうしても知りたいことがあるんだけど・・・
 一番の問題は、薬の副作用だった。飲み続けることで将来、子供が産め
なくなるのは嫌だというのだ。保母さんになったことからも分かるとおり、
ちーちゃんは子供好きだった。将来結婚しても子供が産めないのは嫌だと
いう気持ちは、痛いほど分かる。そういうことなら、よし、すぐに安心さ
せてやろうということで、俺は薬の名前を聞きだすと、薬剤師の資格を持
ってる友達に電話して、色々調べてもらった。


幸い、ちーちゃんが飲んでいた薬は軽いもので、将来子供が産めなくなる
というものではなかった。夜中十二時近くなっていたが、それでもいいと
言っていたので、俺はちーちゃんに電話してそのことを伝えると、流石に
安心したようだった。
ち:ごめんね、かっちゃん。急にこんなこと頼んで。 
俺:ちーちゃんのためなら、これくらいなんでもないって。
ち:でも、びっくりしたでしょう。ちーちゃんが鬱病だって聞いて。
俺:別に。ま、そういうこともあるでしょう。それより、一回こっち
においでよ。色々案内するからさ。
ち:そうだね。ちーちゃんもそっちに行ってみたいよ。そうなったら、
部屋に泊めてね(笑)。


俺がこっちに来いと誘ったのは、社交辞令みたいなものだった。
笑いながらとはいえ、部屋に止めてくれなんて言われると思わなか
った俺は、一瞬沈黙した。
ち:大丈夫だよ。ちーちゃんが泊まるんなら、おばちゃん(俺の母)だって、
いいって言うよ。
 いや、そういうことを言ってるんじゃなくて、男の部屋に泊めてくれっての
が、どういう意味か分かってるの・・・なんてことは、これまで友達として過ご
してきた日々を否定してしまいそうな気がして、言えなかった。俺は、もし
ちーちゃんが来たらマンガ喫茶にでも泊まろうと考えて、
俺:じゃあいいよ。泊まりにおいで。
 と答えておいた。


 それから一月も経たない土曜日のことだ。夕飯を食ってテレビを見ていると、
突如携帯が鳴った。かけてきたのは、またしてもちーちゃんだった。
俺:どーしたの?
ち:ちーちゃんね、いまどこにいると思う?
俺:まさか・・・・・・
 本当にそのまさかだった。ちーちゃんは今、新幹線の駅にいるという。
だが駅の構造が複雑で、どこへ行っていいかサッパリ分からないと言う。


ち:こっちの駅は広いねー。
 なんてのんきに言ってるが、そりゃあ一日に十本も電車が走らない
地元の駅に比べれば、どこだって広いだろう。それにしても、まあ、
こっちに来いと言ったのは俺だが、ここまで急に来るとは思いもしな
かった。しかし女一人でほっとくわけには行かない。俺は駅まで迎え
に行って、一時間かけて部屋に戻ってきた。
ち:広いし、きれいだね
 家賃のわりにいい部屋だと、ちーちゃんはしきりに感心していた。
その横で、俺はもう一杯一杯。朝、掃除しておいて良かったと、心底
ほっとした。


ちーちゃんは荷物を部屋に置くと、コタツに入った。
ここで酒でも飲ませていい雰囲気に・・・ってのが普通なのかもしれないが、
あいにくと俺は酒が飲めないから、ビールの一本たりとも部屋にはない。
あったとしても、薬飲んでる人に勧めるのは微妙だしな。俺は愛飲してい
る玄米茶を淹れて、ちーちゃんに勧めた。
俺もお茶を飲みながら、一人で新幹線に乗るのは寂しかったとか、
ちーちゃんの話に耳を傾けていると、話はだんだん昔のことに移って
いった。


ち:子供のころは、毎日が楽しかったね。
 楽しいと言う割りに、どうしてちーちゃんがしんみりしているのか、
気遣いってやつが苦手な俺に分かろうはずもない。
俺:夏休みは毎日田んぼか川に行って、アホみたいにおたまじゃくしとかメダカを
とってたなあ。
ち:カブトムシを取りにも行ったし、節分のときに家の中で豆をまきすぎて、
怒られたこともあったよね。
 長いこと思い出しもしなかった子供のころが、鮮明に頭の中に浮かんだ。
ちーちゃんの言うとおり、子供のころは確かに楽しかった。高いところに登
るだけでちょっとした冒険だった。今の俺は同じことの繰り返しになってる
毎日に飽き飽きしているが、どうして子供のころは飽きもせずに毎日過ごせ
たのだろう。そんなことを考えたし、考えさせてくれる幼馴染っていいなあ
と感じた。


ふと見ると、ちーちゃんが泣いていた。
昔を思い出したから、と言うのではなさそうだった。
何か深刻な雰囲気があった。俺は泣きたいだけ泣かせ
た方がいいだろうと思った。というのは真っ赤な嘘で、
当時の俺は女と付き合ったことは一度たりともないかっ
たから、女の涙にどう対応していいのか分からず固まっ
てしまっただけだった。それから三十分近くちーちゃん
は泣いて、少し落ち着いてきた頃を見計らって、俺は
お茶を淹れなおし、ちーちゃんに渡した。

(次)物心ついたときからの幼馴染ちーちゃんとのえっちな体験談 2