カテゴリ:
俺より5歳上元嫁に片想いしていた頃の話

元嫁は俺より5歳上。出会いは俺が小1、元嫁が小6。色白で目がぱっちりしていた元嫁に片想い。元嫁が中学入学してから疎遠になり、俺が20歳になった頃、最寄り駅で偶然、元嫁を見かけたが色白だった彼女が蒼白い顔だった。
その頃、俺は高校の頃から付き合っていた彼女と別れた後、思い切って元嫁に声をかけた。
俺「お久しぶりです。」
元嫁「あっ、お久しぶりです。」と、やはり元気がなさげだった。
俺「今日、仕事終わってから一緒に帰りませんか?」
元嫁「あ、大丈夫です。」と、駅前のデパートで待ち合わせてそれから別れた。

前置き長くてすみません。

その日の夕方、駅前のデパートで元嫁と会ってからぶらぶらと歩きながら俺「なんか、元気がないみたいだけど?」
元嫁「う、うん。」
と、当時、元嫁と付き合っていた彼氏の事で結婚寸前のところまできたが別れた事を話してくれた。川沿いの公園のベンチに座って、元嫁が泣き出しので俺は黙って元嫁の肩に手を回し、
俺「誰もいないから泣いていいよ。」
元嫁「う、うん。ありがとう…優しいね。」

俺は元嫁を抱きしめた。その時は全くHな事は考えていなかった。

 


しばらく元嫁は俺の胸で泣いて、落ち着いてから俺も彼女と別れたと話した。
元嫁「似た者同士だね。」
俺「そうだね、付き合おっか?」
元嫁「いいの?年上だよ?」
俺「関係ないよ。それになんか、一人にしたら何するか解らないし…」
元嫁「そうだね。ありがとう。」
と、泣き出してしまい、元嫁の手を握り、涙を拭くように頬にキスをしてから元嫁と唇を重ねた。


その日はキスまででした。帰る途中にデートを申し込み、返事はOKでした。
元嫁「ところで、名前なんだっけ?」
俺「へ?〇〇だよ。忘れてたの?」
元嫁「うん、忘れてた。こーくんね。」

元嫁はケラケラ笑っていた。元気になって良かったと思った。元嫁は少し抜けたところがあった。


デートの日になって、デパートで待ち合わせ。元嫁の服装は清楚な感じでした。その日は名古屋へ行き、映画を観に行ってから食事をした。食事の後、公園へ行って雑談をした。
俺「お願いがあるんだけど…いいかな?」
元嫁「え、なになに?」
俺「Hしたいんだけど?」
元嫁「いいよ!こーくんだったらいいよ。」

思い切って言ってみるもんだ。ちなみにその公園はラブホの近くだった。


ラブホに入って、部屋に入るなり元嫁と唇を重ねてから元嫁から舌を絡めてきた。風呂を沸かしている間、テレビのAVを見ながら…
元嫁「こーくんもこういうのを見て彼女としてたの?」
俺「まぁ…俺はスケベだから。」
風呂が沸いたのでお互いに服を脱がした。元嫁はDカップ(後にEになるのだが)それから風呂場に行き、お互いに体を洗い俺のチ〇コを元嫁が洗いながら…
元嫁「ここ、硬いね。これで何人の女の子を泣かせたの?」
俺「そんなに泣かせてないし、粗末な物ですから。」
と、洗い終わってから一緒に湯船に浸かりました。


俺は元嫁の背後から右手でおっぱいを揉み、左手で乳首をさすりながら耳元で…
俺「いい肌をしてるね。上手くないけど気持ちよくなってね。えっちゃん気持ちいいの?」
元嫁「う、うん。あっ、あっ、こーくん、上手だよ~。」
右手はクリを擦り、元嫁の目もトロンとしてきて右手をオマ〇コへ持ってきて…
元嫁「あっ、あっ指入れていいよ。」
俺「えっちゃんって、やらしいんだね。好きだよ。やらしいえっちゃんも…アソコが温かいよ。」
俺は強弱つけながらかき混ぜるように指を動かした。
元嫁「だ、だめぇ~、こーくん、おかしくなりそう!」
俺は耳元でいいよ、俺の前でおかしくなってと言ったら、
元嫁「あっ、いっちゃうよ~。」
俺「いっちゃえよ。」と、耳元で囁き、ちょっとSっ気を出した。
元嫁「だめっ、こーくん、いっちゃう~!」と、俺にしがみつくように元嫁はいってしまった。


風呂場から出て、照明を少し暗くして、ベットに入った。いつものように唇を重ねてから舌を絡めて、首筋からおっぱいを揉みながら乳首を舌で転がすように舐めた。こんな事を言うのもなんだか、俺は仕事や勉強よりもHな事に関して一生懸命になる。

俺「クリやアソコ舐めていい?」
元嫁「気持ちよくさせてね。」と、またしても目がトロンとしていた。俺は元嫁の両足のをこじ開けた。元嫁のアソコは毛深いが色はピンクだった。余談だが毛深い人は情け深いと聞くが元嫁もそうだった。


クリを剥き出しにして、舌先でツンツンしてからペロペロと強弱をつけながらクリを責めた。指はアソコに入れて、程よく濡れていた。人差し指でピストンしながら時には円を描くように指を動かした。湯船の中と同じように俺にしがみつくように元嫁は激しくイッた。
元嫁「はぁ、はぁ、こーくんの硬い~、今度はこーくんが気持ちよくなってね。」
元嫁は俺と同じようにキスをしてきた。お返しとばかりに乳首を責めてきた。
元嫁「私、男の人の乳首を責めるの好きなんだ~」
俺「ふ~ん、好きなのは俺の乳首だけじゃないんだ~」
元嫁「今はこーくんだけだよ、もう~意地悪。」

年上に対して失礼だけど可愛いく思った。


乳首を責められた後、俺は硬くなったチ〇コを動かしながら元嫁に…
俺「舐めてくれる?」
元嫁「うん、いいよ」

フェラはぎこちなかったので思わず、
俺「歯を立てないようにアイスクリームを舐めるように舐めてね。」
元嫁「うん、ごめんね。痛かった?」
と、気遣ってくれた。

俺「入れていい?」と、チ〇コを指差した。
元嫁「うん、いいよ。ただ…」

と、元嫁は俺にある事をお願いしてきた。そのお願いの内容はあまりにも衝撃的でした。


元嫁からのお願い事のその内容は…

元嫁「ゴムつけないで。」
俺「ええ!いいの?」
元嫁「うん、出来たらこーくんと結婚する!」
姐さん随分、思い切った事言いますなと思いつつビンビンになったチ〇コを濡れているアソコに挿入した。
俺「えっちゃん、見て、俺とえっちゃん繋がっているよ」
元嫁「ホントだね。こーくんと繋がってる~」
正常位で腰を激しく動かしてそろそろイキそうになる時に、
元嫁「こーくん~イキそうになったら外に出してねっ」


俺は元嫁のおっぱいを鷲掴みしながら耳元で…
俺「えっちゃんのアソコ、クチュクチュしてるよ。聞こえる?」
元嫁「うん、聞こえるよ~こーくん、イッちゃうよ!こーくん、ずっと一緒だよね?」
俺「一緒だよ。俺もイッちゃうよ。外で出すからね。」
元嫁「うん、いっぱい出して~!イク~!」と、元嫁がイッた後、俺もイキそうになったので元嫁のおっぱいにザーメンをかけた。


おっぱいにかけたザーメンをティッシュで拭き取ってから元嫁を腕枕しながら…
元嫁「こーくんと結婚したいな…」
俺「すぐに出来ないよ。待っててくれる?」
元嫁「うん、待ってるよ。」

それから、5年後に結婚して、結婚してから7年後に離婚となりました。