カテゴリ:
ちょっと好きだった先輩の一人暮らしの部屋に入れてもらった

レイプにカウントしていいのかなあ?ってのをひとつ報告。

ちょっとだけ好きだった学生時代の先輩が離れた街で一人暮らしを始めて、
連絡だけはとってたんだけど、
ある日、足に大怪我をして仕事を休んで家にいるという連絡を聞いて、日用品を差し入れに行った。
その時に初めて、先輩の一人暮らしの部屋に入れてもらった。

 


それ以後、数カ月おきに気まぐれに部屋に遊びに行っていたのだが、
ある日突然、何か自分の中でスイッチが入って押し倒してしまった。
先輩はかなりの抵抗をして、足でこちらの下半身をがっちりホールドしてきた。
かなり必死に抵抗しているように感じたので、これ以上やったら怪我をさせてしまうと諦め気味だったのだが、
ホールドの場所が微妙で、いちどフニャチンにした後に再度勃起したら入りそうな位置関係だったので、
試しにやってみたらスルっと入ってしまったw

入った瞬間、先輩の全身から力が抜けたのがわかった。
普通にセックスを開始したのだが、さっきまでのはなんだったの?というぐらい抵抗せずに普通に感じてた。

終わった後(ちなみに外出し)も、彼女や他のセフレとするように裸のまま会話してた。
「初めてだったんだけど、って言ったらどうする?」と言って来たので、「あれだけ感じといてそれはないw」と言ったったw
「でも余裕なかったから、あまり経験も多くないよね?俺以前は1人だけとみた」と聞いたら図星だった。
実際、あまり男っ気がない先輩で、学生時代は処女を貫き通し、仕事関係の人(言い方は不倫っぽかった)に、1~2回ヤられただけらしい。

俺に襲われたことといい、男運に恵まれてないなあと思いつつ、
もう一回やろうとしてみたら全く拒まないので、2回戦目は無許可で中出ししてみたら、困った顔をしながら「まあいいや」と言っていた。
2回戦目がめちゃめちゃ気持ちよかったのとその表情で、今でも思い出すとヌける。