カテゴリ:
10年くらい前の話。
当時、俺32、嫁28。結婚2年めで子供ナシ。
経済的に逼迫していて子供どころじゃなかった。

嫁ちゃんは、俺が勤めていた会社に中途で入って事務やってた。
けっこう頑張って口説いてものにしたんだ。
結婚して会社辞めて、嫁実家の近くに引っ越した。
仕事は、以前と同じ業種に就くことができたので、すぐに馴染んだ。

嫁を貸し出すことになったのは、俺や嫁がそういうプレイを望んだわけじゃない。
原因は借金。その借金は俺が作ったものでも、彼女がこさえたものでもなく、
彼女の実家のゴニョゴニョなので、俺としては不本意極まりない話だった。




嫁は一人娘で、家庭崩壊のピンチにテンパッてた。
何とか守ってやりたかったんだけど、親戚関係の金策も尽きた、というか全く頼りにならない。

そこで仕方なく、前の会社の社長に相談したのよ。
理由を説明して、幾らでもいいから貸して欲しいって。

社長は当時年齢40くらいの小金持ち。
家業で会社やってて、俺が入社した時はまだ社長じゃなくて現場でバリバリ。
少し年の離れた兄貴分みたいなもんで、俺が気安く相談できる唯一の他人だった。
新人ソープ嬢をよだれダラダラの前後不覚にした武勇伝の持ち主で、俺も一緒に風俗遊びしたりね。
俺たちが転居した後も連絡取り合っていて、一番信頼してた人なのね。

その信頼している人の口から、
「金は全額何とかしてやる。その代わりお前の嫁を借りたい」という話が出た。


もちろん俺は怒ったさ。冗談じゃない。

後から知ったんだが、嫁ちゃん、結婚前の一時期、社長に口説かれかけてた。
社長が、独身嫁を愛人だかセフレだかにしようと企んだことがあったわけ。
もっとも嫁ちゃんにその気はなく、
「奥さんに言いつけますよ、もう」みたいに軽くあしらったらしい。
ソースが嫁の話のみなので、社長の言い分を聞いてみないとどういう関係だったのかわからんけどね。
社長の嫁に対する執着は、それだけじゃ説明できない気もする。

この時点での俺はそんなこと知らないから、藁にすがる気持ちで社長に相談したさ。

さらに話がややこしいんだが、俺より先に、嫁が社長に金の相談してたみたいなのね。
この時の嫁の心境はよくわからん。
たとえ昔の話でも、自分に好意を寄せていた男を頼るってのは。
二人の間に、アプローチした、された以上の、
俺の知らない何かがあったんじゃないかという疑いが、どもう頭を離れない。


これは俺の想像なのだが、たぶん嫁と社長がやり取りする中で、
「抱かせてくれたら金を貸す」みたいな話が先にあったんじゃないかと思う。
レンタル話を聞いた時の嫁は、思ったより冷静というか、違和感があった。
嫁ちゃん、「旦那が承知するなら」みたいなことを言ったのかもしれん。
ま、この手のことって、一度疑い始めるとキリがないんだけどさ。

ある日、嫁が「離婚」を口に出した。
「S(俺)を巻き込んでごめんね」ってえぐえぐ泣くんだよ。
離婚して、お金のことは自分が背負うから、えぐえぐえぐえぐ。
ああ、社長に抱かれる覚悟したんだって直感で思ったよ。
「そのつもりか?」って聞いたら、「ごめんね」ってまた大泣き。
泣いている嫁を見て、人の弱みにつけ込む社長に殺意覚えたね。


もう嫁の覚悟は止められないというところまで来てしまった。
そうなると、俺が目をつむるか、離婚するしかないわけ。
離婚なんて選択は俺にはない。
嫁が誰と何しようが平気でいられる、度量の広い亭主を演じようと思った。

俺から社長に連絡して、「嫁をよろしくお願いします」と頭を下げた。
屈辱だった。人生最大の。
この時の社長との会話はあんまり書きたくない。


嫁を貸し出すにあたっては、互いに色々と条件をつけた。

社長からの条件は、
・一度ではなく、一日レンタル
・借金の返済は、利子と期限は付けない

こちらの条件は、
・キスはダメ
・四つん這いにしたり後ろから裸見るのもダメ(要は尻穴直視されたくないのココロ)
・フェラはイヤ
・あそこなめたらダメ(特に69みたいに顔をまたぐのはヤダ)
・旦那と諸々くらべさせようとするのもダメ
・写真・ビデオ・音声録音一切ダメ
・明るい部屋でするとか論外
・その他、現場判断で嫁がイヤということはしないこと


一日レンタルは俺がゴネた。
ハメ一回だけでもぶっ殺したいのに、一日ってなんだよ。
ゴネた結果、社長の方から、一日貸りるかわりに返済に手心くわえるという妥協案が出た。
そんなに他人の嫁とヤリたいのかと、さらに怒り覚えたね。
もう、かつての兄貴分じゃない。

結局、覚悟した嫁が承諾して一日レンタルに落ち着いたのだが、
向こうにたっぷり時間を与えるってことをわかってない彼女が危うく見えたんだよね。
高級ソープで鍛え上げた40男と、十分に開発済みの大人の女が密室に一日いたらどうなるか、
嫁がもうひとつわかってない気がして。

俺自身、甘かった。
証拠を残したくなかったから録音もダメと言ってしまったが、これは後で激しく後悔することになった。
証拠ナシにしたことで、NGがなし崩しになった。


思い返すと、俺たち夫婦って本当に迂闊だったと思う。想像力が足らない。
経験積んだ変態カップルなら、危ないことを事前に予想するんだろうけど。
嫁は「NG無視は一部あったけど、酷いことはされなかった」と言っていたので少しホッとしたんだが、
俺を心配させないための嘘だったと後に思い知らされた。

スケジュールが決まるまでの間、嫁とヤリまくった。
「裏切ってごめんね」「守れなくてごめん」と謝りながらセックス。
「いっぱいされたら感じちゃうと思う。許してくれる?」とか、胸にささるよ。
嫁は耳を突っつくだけで声を上げる敏感体質なので、どうやっても耐えられないだろうと俺も思ってた。
「感じてもいいから、ちゃんと俺のもとに戻ってこい」みたいなことを言ったな。


ついにその日が来た。嫁を空港まで送った。
東京についていく心の余裕はなかった。
仕事おいそれと休めないし、今の会社で現場を任され始めた頃だったから。

それに、実際どうしたらいいのかわかんねーんだよ。
離れている方が悶々とする度合いがやわらぎそうだと、当時は思ったんだな。
後で、どうやっても心が軽くなる方法なんてないことに気づいたけどさ。

現地に到着した嫁から矢継ぎ早にメールがくる。

「がんばる」「愛しているよ」「嫌いにならないで」「帰ったらずっと一緒にいてね」

俺もマッハでメール返す。もう仕事どころじゃない。
甲斐性のない旦那ですまんかったって。まあ、借金の原因は俺じゃないんだが。


午後一に嫁から電話あり。社長と話す?と聞かれたが、
何て言っていいのかわからないし、罵ってしまいそうで断る。

行動の合間合間に嫁がせっせとメールして来る。
「これからご飯」「大丈夫。全然余裕」「タクシー乗った」「ホテル入った」

そして、メールが途切れた午後四時。
鳴らなくなった携帯。待てど暮らせど、鳴らない。
頻繁に届いていたものが、ぱったり来なくなった時の焦りったらないね。
今までとは違う状況になったということが、白黒ハッキリだから。
そう思うと、俺、一時的に歩けなくなった。
目の前が真っ暗になるのって本当にあるのな。
腰のぬけた俺を見て、仕事現場は大騒ぎさ。
あとを同僚に任せて家に帰った。


とにかく東京の状況がわからない。
ホテルに着いて何してる?
飯は先に食ってるはずだから、酒でも飲んでいる?
それとも、もう・・・と思うと居ても立ってもいられない。

一度アレが始まったのではないかと思っちゃうと、
もう社長に組み敷かれて淫ら鳴きしている嫁しか思い浮かばない。
頭が爆発しそうで、耐え切れずにどかどかメールした。
何分置きとか覚えてない。とにかくメール送りまくった。

「今なにしてる?」「状況おしえてー」
一向に返事はこない。
下手に返事催促したせいで、かえって妄想が膨らんだ。

七時過ぎだったと思うが、やっと電話が来た。


「ゴメン、返事できなかった」
「平気?」
「ヘーキ、ヘーキ」
「もしかして、しちゃった?」
「うん。ちょっとお酒飲んでから」
「・・・やっぱり・・・」
予想通り、社長に抱かれた後だった。
「ごめんね」
と謝る彼女に、平静を保ったつもりでフリした。
「大丈夫? 変なことされなかった? 泣いてない?」
「平気だってば。Sちゃんの方がウチよりヤバそう」
「アイツを殺して俺も死にたい」
「ごめん。でも二人で覚悟決めたでしょ」

嫁は無理してたのかもしれないけど、
意外にサバサバというか、吹っ切れた感じの声音だった。


「また連絡するね」と嫁が電話切った。
もう一度、ブチ込まれるために切ったってことだ。
俺、また歩けなくなって、落ち着くまで時間がかかった。

社長の下で、のたうつ嫁の姿が浮かんでくる。
しかも、イヤイヤ抱かれている姿ではなくて、肉棒を乱れ打ちされて声を上げている嫁と、
のけぞる嫁に打ち込む社長の姿しか浮かんでこない。
正気でいようと酒は飲むまいと思っていたが、ビール飲み始めた。

悶々とする俺をよそに、リアルタイムで二回戦目が進行してる。
今度は状況が不明じゃない。間違いなく抱かれている。

それから、電話はこなかった。何度メールしても。
後でこのことを嫁に問いただしたら、「もう連絡するな」と社長から言いつけられたらしい。


俺がメール以外に何していたかというと、秘蔵AV観た。
妄想が膨らむ過程で、殺意よりも興奮が優っていることにはっきり気づいた。

嫁が征服されてる姿を想像したりもした。
あるいは俺が社長になったつもりになった。
時に、嫁自身の心境を想像してみた。
妄想のバリエーションが、無限に湧いてきて止められねーの。
当時は寝取られなんて性嗜好は知らないから、
我ながら「何のビョーキだよ、これ?」と思ったよ。

朝になって、やっと嫁から電話が来た。
第一声は「お疲れ様ー」だった。
「まじ、酷いことされてない?」
「社長さん、紳士だったよ」
我慢できなくて聞いた。一番知りたかったこと。感じたのかどうか。


「・・・怒らない?」
「怒んないて」
「気持ちは、よかった」
「マジ?」
「ゴメンね。我慢したけど・・・」
「会社休んだ。嫁ちゃん帰ったらすぐしたい」
「え~~っ、これ以上させる気なん?」

戻ったらずっと一緒にいてね、と言ってたのに。
それに、これ以上ってどれ以上だ、と言いそうになったのを飲み込んだ。
嫁は「心配することないよ。思ったより何ともなかった」と言った。
前の電話と同じ調子で、意外にカラッと男前だった。
オンナの方が強いのかなー、とこの時は納得したのだが。





(次)不本意だが元社長に1日だけ嫁を貸し出すことになった話 2