カテゴリ:
遠恋二年の彼女が他の男とセックスしてる最中に電話してきた

昨夜、遠恋二年の麻子(仮名)が、他の男とセックスしてる最中に電話してきた
俺、今日、鬱
当然、会わないままお別れ
真面目な話、電話しながら彼氏に電話させるってエロビとか嫌いじゃなかったけどさ
自分がやられるとものすげぇ鬱になるんだな
気分が最悪だが少し書く
 


「もしもし?」といつもと変わらない声の麻子
しかし電話の内容は寂しくなったとか早く会いたいとか
何時もと変わらない電話なんだがこんな夜は大抵テレホンHをする俺と麻子
「何したいの?」囁くようにだんだんとテレホンHに誘導する
麻子も「ん?正洋(仮名で俺の名)は大丈夫なの?」
「スゲェたまってるよ、早く麻子のいやらしいオマ○コに会わせろって俺の息子が怒ってる」
「私も正洋の息子に会いたいな」
「じゃあ今は寂しくなってるから元気にさせてあげて」
こんな会話からはじまりいつしか
「ん・・・正洋・・・乳首気持ちいぃ」
「アッくすぐったいよぉ」
「正洋…愛してる…」
こんなノリで二人してハァハァでした

「正洋のいつもより大きい…アッソコ凄いアッアッアッ、ねぇ正洋…私、いっていぃ?ダメイクッイクッイっちゃうイっちゃう」
「俺も・・・でる、麻子の口に出すぞ!俺ののみたいか!
「うん、飲ませて、アッアッア~」
(普段のセックスでは顔シャ経験なし)
って所で
「ピチャピチャ、ンッ、コクっ」
って何か飲む音が聞こえ
「ニガッ!」って声聞こえた
俺、ん?と一気に冷静になり「は?何が?」
と聞いたら麻子は慌てて「ん?なんでもない、なんでもない」
「おい!今なにしてんの!」なんとなく嫌な気分になり声をあげた

麻子「なんもしてないよ」
って言った直後
「ちょっと!ダメ!辞めて!」って麻子の慌てる声が聞こえたと思ったら
「どーもこんばんは、麻子の彼氏の正洋君、麻子の浮気相手でーす」と男の声
隣からは麻子が怒る声
俺、呆然
男は「いやぁ今も麻子とセックスしましたよ~、正洋君もしてたから3Pだねぇ」「でも正洋君は手でしたから、違うか」
とにかく俺を小馬鹿にしたセリフをまく男
面倒だからそのまま電話きった
で今にいたる
麻子から猛烈な数の電話が来てるが出てない