カテゴリ:
サークルの帰りに「海に連れていって!」と彼女に言われ…

大学2年生19歳の6月、サークルの帰りだった。
喫茶店で夕食を食べ車へ乗りこむと、「海に連れていって!」と彼女が言う。俺はそこから10分くらいの砂浜へ車を走らせた。

彼女は暗い海を見ていたが、「キスして」と言った。俺は、「えっ、いいの」と聞くと頷く。肩を抱き寄せ唇を合わせた後、柔らかい唇の中に舌を滑りこませた。瞬間、彼女の舌がまとわりついてくる、凄い舌の動き・・・   エロくなってきたなwww
胸を軽く触るが拒む様子もないので、手を入れ直接触るとせつない声。ブラウスのボタンを外し、彼女の胸や乳首に唇を這わせた。
「Aちゃんが欲しい」、彼女は少し戸惑う表情を見せたが、「いいよ」と言って笑った。

 


ホテルの部屋で白い透き通る肌、Aは同じ年齢の子より色気があったが、豊富な経験からかもしれないと思った。

俺も服を脱ぎ、いたずらぽい眼で笑っている彼女に、「シャワーする」と聞いたら、「うん」という。その時の二人は仲の良い姉弟みたいに無邪気だった。シャワーの後に彼女を抱き寄せ、「しようか?」と尋ねたら彼女は頷いた。


ベットの中での彼女は、俺の知らない大人の女性だった。 (とは言っても、その頃は付き合ってた同じ年の子と、もう一人しかしらなかったけど 笑)
しばらくして彼女の中へ指を入れて驚いた。柔らかいヒダがうごめきながら、俺の指を締め付けてくる。これがミミズ千匹というやつか!?

しばらくして、「Aちゃん、入って」と言うので、「今日は大丈夫?」と聞くと、「多分ね・・・」。彼女の上に重なり少し入るが、頭が入ったところで止まり、「Aちゃん、大きい」と辛そう。
「痛くない?」と聞いたら、「大丈夫、少しづつ」と溺れそうな表情で答えた。その後少しずつ入ったが、濡れを持て余しているようだった。

しばらく動いたがイクような感じは見られず、どうすれば良いか彼女に聞いた。彼女の反応は一気に良くなり、頂上を目指していった。

「来て」、濡れはグラインドを大きくする。「今」と言って腰をせり上げる彼女。俺は彼女を強く抱きしめカクンと3回ほど動かした。彼女の中はうごめき、熱いジュースが溢れた。「もう持たない」、彼女から引き抜いた瞬間、白い液が彼女の首筋まで飛ぶ。


しばらくして、「元気なんだから・・・、中でも良かったのに・・・」と悪戯っぽく笑う彼女、「危ないことは止めようよ、いけた?」、彼女は「うん」と答える。
俺は少し中出ししていたことは告げなかった。

「ねえ、一つ聞いていい?」、「何」、「なぜ僕なんかと?」、「だって優しいから」、「ねえ、また遊んでくれる?」、「うん」。その後はまた仲の良い姉弟のように、しばらく裸でじゃれあい、それから彼女を家まで送った。

この後、俺は3年余りの間、月に1度くらい彼女に会っていたが、最後に会った時しか彼女に本当の中出しをしたことはない。