カテゴリ:
文化系のサークルに猫目の人懐っこくて呆気らかんとした女の子 1

大学時代の話ね。
俺は大学時代、文化系のサークルに所属してたんだけど、
3年の時、後輩にT四郎という奴が入ってきたんだ。
そいつはギャンブルと風俗通いに狂った奴で、どうしようもないアホだった。
しかも、九州生まれの腐れ日本男児で、女を小馬鹿にする様な奴だった。
時代錯誤も甚だしいしゃべり方をする男だったよ。
サークル内でも(特に女子)嫌われ者だった。


で、俺と同級生にあだ名がキャットっていう子が居たんだ。
なんでキャットっていうあだ名なのかっていうと、
目が猫目だったから。身長が164cm位で黒髪のショートカット。特別美人ではないが、
いつも「イェイイェイ」「皆大好き」とか言ってる、人懐っこくて呆気らかんとした女の子だった。



その女の子なんだけど、いつも水色のジーンズを履いてたのよ。
水色のハイライズのジーンズで、お尻の形が丸分かりのタイプね。
その尻に透けるパンツの線がもの凄くエロかった訳。
ケツの穴の辺に逆三角形で、ホームベースみたいにパンツの線が浮いてるのよ。
正直ソイツは美人でも色気が有る訳では無かったけど、
俺には凄いイヤラシイものに感じられたんだよね。
普段の彼女の人懐っこくて呆気らかんとした態度と、
あのパンツの先のギャップね。
分かる?そういうの。


授業とか一緒に受けに行く時に、
階段上る時に、「お先にどうぞ」とか言ってエスコートしてやって、
後ろから、階段登ってるそいつのジーパンのケツをガン見して目に焼き付けたり、
ケータイの写メで隠し撮りしたりもした。
我慢できないときは学校の便所で奴の事を想像しながらオナったりした。
家でのオナネタは専らそいつのケツを想像したり写メ見ながら抜いてたよ。

そんで、T四郎の話になるんだけど、
ある日俺とT四郎で部室でだべってた訳よ。
そんな中で、サークル内の女の品評会みたいなことを二人でしてたわけ。


俺「で、キャットはどうよ?」
T四郎「キャット先輩ですか!!!あの女はケツですね。顔は大したことないけどケツですわ。ひゃはっ!!!」
俺「俺もそう思うわ。奴の良さはケツだよな。あのボーイッシュな感じと人懐っこさ、で、あのエロいケツだよなぁ」
T四郎「気が合いますなぁ。顔はまぁまぁだけどいいケツしとる!最高ですわ!」
こんな感じで話してたのよ。
いよいよ俺は「ぶっちゃけ俺、あいつの事オナネタにしてるんだけど!写メも撮ってるし!ホレ!」
と隠撮りした、あの女の写メを見せながらカミングアウトした訳。


T四郎「マジですかい!」
俺「いやー、あいつのケツ見ながら、オナニーしてーよ」
T四郎「じゃあ、二人でやりましょうや!あの女の目の前で、オナニー!!!!」
俺「んな事、できるわけねーだろ!」
T四郎「え?○先輩、知らないんですか?あの女、今は男が居ないらしいですけど、過去に2人、男と付き合ってるんですよ!だから、頼めばそれくらいの事やらせてもらえますわ。」
俺「できるわけねーだろ!オメーはアホか!」
T四郎「知ってます?あの女、以前飲み会の時言ってましたけど、私の事、女の子と思ってくれるなら、誰でも付き合っちゃう。とかほざいてたの!大丈夫ですよ。適当に煽ててりゃ、目の前でオナニー位させてもらえますわ!」
俺「じゃあ、どーすんのよ」
T四郎「今度、部室の1階で、俺たち二人とキャット先輩で飲みましょうや!俺様がうまくやってやりますわ」



T四郎の奴がうまく、3人で飲める様にセッティングして、
キャットも人がいいから、嫌われれもののT四郎とも気兼ねなく付き合ってくれて、
3人で部室の1階で飲むことになったわけ。
時間は夜の7時位からだったかな?

1時間もしたら、3人ともいい感じで酔っ払って来て、
男と女の好みのトークになったわけ。
キャット「あたしの事、女の子として見てくれる人って少ないと思うから、私を女の子と思ってくれる人なら付き合えるかなっ!でも優しくて、できるだけカッコいい人がいい!」
T四郎「ワシ、風俗ばかり通っとりますから女を見る目は有りますわ。先輩の魅力は身体ですわ」
キャット「え?(汗)身体?そうかな??」
俺「うん、そうだよ。」
キャット「本当?何処が?」
俺とT四郎「お尻のラインとか、セクシーでカッコイイよ」
キャット「何で何で???」
T四郎「じゃあ、立って後ろ向いてくださいよ先輩」


キャットは起立する。で、後ろ向く。水色のジーンズにパツパツのケツが映える!
でも、ここからは二人で煽て攻勢!いい尻してるとか、綺麗だ、可愛いだのなんだの!
しかし、最後に頭のおかしいT四郎が一言
T四郎「あーーー俺勃起してしまいましたわぁ!」
キャット「え、、、あ、、、、、、、、(汗)え?、、、、、、、、(汗)」
俺の心の中「この馬鹿。いきなり何言ってんだ?」
T四郎「今ここで、オナニーしてもええですかぁ?」
キャット「え、、、、、、、何言ってんの?T四郎、、、嫌だぁ。」
T四郎「お願いします!先輩!目の前でオナニーさせてください!あんた、顔は微妙だけど、ケツは最高なんですわ!」
俺の心の中「終わった、、、完全に終わった。さよなら、俺の青春。こうなりゃやけくそやな!」
キャット「ちょっと!○○(俺の名前)!この子酔っ払ってるよ!ヤバイよ!!」
俺「俺もオナニーしたい。お願い。駄目かな?魅力的な女の子を見て、興奮しない奴はいないよ(やけくそ)」

次)文化系のサークルに猫目の人懐っこくて呆気らかんとした女の子 2