カテゴリ:
仕事で知り合った主婦とエッチな話をしていたら…

オレの浅い経験のなかで一番エロかった思い出は、
仕事で知り合った主婦と(当時22才・子供産んで半年ほどの背が高くて細い人だった)
エロトークの流れから駅ビルの女子トイレで母乳飲ませてもらった事。
向こうはなぜか凄く冷静だったんだけど、オレは興奮しちゃって、スカート腰まで持ち上げてパンツ脱がせて、立たせたまま
クンニしたり、後ろ向きにして肛門までベロベロ舐めた。我慢出来なくてチンポ出してマンコに擦りつけてたらクスクス笑ってた。

オナニーするから見ててとか言って自分のオナニー姿をじっくり見てもらったり、彼女にもオナニーしてもらって
相互オナニー見せっことかした。女のオナニーを生で始めて見たんだけど、あんなだとは知らなかった。
中指だけでクリトリスを高速でこすってて、器用だなぁって思った。

 


それから「オッパイ舐めていい?」って聞いたら「母乳出るけど飲んでみる?w」って言われて
「・・・う、うん!、飲みたい飲みたい!!」って白いタートルネックのセーターを首まで上げて、ブラをズラしたら
母乳パッド(?)みたいなのつけてて、ちょっと恥ずかしそうにしてた。
なんだかわからないけど、それを取って、乳首をチューチュー吸いまくった。音をたてると他の個室に聞かれちゃうから
なるべく音が出ないように慎重になって思いっきり吸ってたw
なんかよくわからない味だったけど、その行為自体に異常に興奮したの覚えてる。
フェラとか挿入は旦那さんに悪いなと思ってお願いしなかったけど、オレのチンポを「大きいねw」とか言ってくれながら
手で優しく触って遊んでくれて最後は手コキで、便座に座った彼女の太ももに大量発射。
狭い個室の中だったし、駅ビルのトイレだからたまにドアをノックする人もいたりして異常に興奮した。
もう連絡先も変わったしどこに居るのかもしらないけど、いまでも「また会いたいなぁ」とか思う。