カテゴリ:
キャッチで拾ったらしい女の子がわけあって家で預かることになった 3年位前までキャバクラを経営していたんだが、同業他店の奴から キャッチで女の子を拾ったんだが、17歳で家出少女らしく、 「うちの店では使えないから預かってくれないか?」と電話があった。 そんなの、うちの店でも使えるわけないだろと断ったんだが、 スペインとのハーフでアイドル級に可愛いから、会うだけでも会って考えてくれと… そんなにお願いしてくるのには何か訳があると思い、紹介してきた奴に聞いてみると、 その女が3ヶ月後に18歳になるから、その時に返してほしいと言ってきた。 そんな都合の良い話があるかと怒鳴りつけたのだが、謝礼として月10万、 3ヶ月で計30万用意すると言ってくる。 そこまで言うのなら、よほど可愛いのだろうと思い、とりあえずは会ってみる事にした。 会ってみれば、なるほど確かに抜群に可愛いし、スタイルも素晴らしく、 文句の付けようがない。 しかし預かると言っても、うちの店でも働かす事はできないが、 この家出少女を手放すのも勿体ない。    これは確かに指名は取れるし、いい商品になるのは目に見えてるし、 一時預かってほしいと懇願してくるのも良く分かる。 家出少女の為、連れて帰るにも家族から捜索願いでも出ていたら、 未成年者略取やら誘拐やら監禁やら何かと法に触れそうだし、 迷いに迷った挙げ句、結局連れて帰る事にした。 キャスト(キャバ嬢)として働いてもらうわけにはいかないから、 裏方(厨房)なら客からも見られないし、とりあえずそこで 働いてもらう事にした(裏方でも違法なのだが…) で、その女の帰る所もないわけで、一緒に住むようになったのだが、 スペイン在住期間が長かったのか、何かとオープンで、風呂上がりもバスタオル巻いただけで、 家の中をウロウロしてくれる。 アグラ座りをすればアソコが丸見えなわけで、バスタオルが取れるハプニングがあり 全裸が見えてしまう事もあるわけで、それでも一応店の女には手を出すわけにはいかないと 一生懸命我慢していた。 日が経つにつれ、俺の目の前で着替えるようになり、しまいには風呂上がりには 全裸で過ごし全裸で寝るようになっていた。 すごい可愛くてスタイルのいい女が全裸で目の前にいるわけだから、 当然勃起はするし、やりたくもなるのだが、一人シャワーを浴びながら自慰に励む毎日だった。 襲いたくなるから服を着てくれと言うのだが、今まで家では服を着ない生活をしていたし、 別に私で良ければ襲ってもいいよと言われてしまう。 そんな事が続いたある日、いつものようにシャワーを浴びながら自慰行為をしていると、 女がいきなり風呂に入ってきた。 そんな所を見られてしまい、恥ずかしいのもあり固まってしまった俺に、 薄々気付いてたけど、やっぱりオーナーのって大きいねと言ってきた。 日本人でこんなに大きいの初めて見たと言って愚息を触ってくる。 「17歳の小娘が経験も少ないくせに生意気言うな」と、 照れくさいのもあり、女から逃げて風呂の中に入る。 聞けば、家出中に友達の家を点々として泊まっていたが、 泊まるとこもなくなってきて、男友達の家に泊まった時にやられてしまったり、 ナンパされて泊まるとこないからと家やラブホに行ってやられたり、 何人かとは援交でお小遣いも貰っていたようで、17歳にして30人以上と経験があるらしい。 そんな話をしながらも、女は風呂に入ってきて、俺の愚息を触っている。 何このヤリマンピッチ、絶対病気持ちじゃん、エッチしたらダメだと思った。 のだが、前々からやりたいと思って自慰行為をしていたし、愚息を触られているし、 理性も射精も限界だった。 「私、今までがこんなだから、しばらくエッチしてないと苦しくておかしくなっちゃうんだよね。 オーナーがシャワー浴びながら一人でやってるのと同じように、私もそうやってやってたんだよ。」 と、ストレートに誘ってくる。 「そんな事言われても、店内間での色恋は禁止と言ってる以上、 オーナー自ら禁止事項をするわけにいかないんだ」と、理性は保つ。 「もういい、分かったよ」と言って、女は風呂から出ると、 洗い場でこっちを向いてM字開脚をして、クリを弄り始めた。 顔もスタイルも抜群の女に、目の前でそんな事をされればやりたくもなる。 けど、自分の身分の事があるし、病気を貰いたくないし、ゴムは持ってないし… 理性が働いているが、男の本能が蠢きだす。 女が自分の指をま○こに入れて喘ぎだした、その時に俺の理性は跡形も無く崩れ落ちた。 風呂から飛び出て、女に抱きつき激しくディープキスをする。 女もそれに応え、舌を絡めてくる。 「オーナー、私ずっとこれを待ってたよ。」 17歳という年齢、ハーフ、容姿、そしてオーナーという響きが脳と愚息を刺激する。 店の子とこんな事をしていいのかという理性など、もう微塵も無い。 「俺もずっとしたかった。」 キスをしながら、返事をする。 「私の事好き?」 言葉に詰まる。 「私は、オーナーの事好きだよ?」 こんなに可愛い子に好きと言われたら、嬉しいに決まっている。 が、好きかと聞かれると…ヤリマン女と付き合うつもりはない。 とりあえず、「ありがとう」とだけ答える。 俺は、そんな事より理性が無くなった今、やりたくて仕方がない。 キスをやめ、Dカップほどはある胸にしゃぶりつく。 女が喘ぎながら、聞いてくる。 「ねぇオーナー、私ってそんなに魅力ない?」 「そんな事ないよ」 「じゃあ、なんで?」 「ん?」 「私いつも裸で過ごしてたんだよ?ずっと誘ってたのに…それなのに…」 どうやら全裸でいつもいたのは、今までの習慣ではなく、誘っていたようだ。 本当に俺の事が好きなのか、エッチが好きなだけなのかが分からない。 何か面倒臭い話をしてくるので、口を塞ぐ意味も含めてフェラをさせる。 いきなり咥えるのではなく、先の方だけを舐めてくる。 そして、裏筋を根元から先に向けて、ねっとりと舐め上げられる。 5回程そうされたところで、いきなり咥えられ、思わず仰け反ってしまう。 舌で転がしながら上下運動をし、時折吸い上げられる。 今度は亀頭部分を責めながら、手でシゴいてくる。 エロい顔の上目遣いも堪らなくいい。 上手い、上手すぎる。 これが17歳のするフェラなのか? さすが、経験豊富なだけはある。 気持ち良すぎて射精しそうになってしまう。 フェラでいかされるのは、何故かプライドが許さなかったから、 一度射精感を落ち着かせる為、フェラを辞めさせ風呂からベッドに移動する。 女を横に寝かせ、胸を手で愛撫しながらキスをする。 ゆっくりと首筋を舐め、鎖骨を通って胸へと伝う。 色素が薄く、ちょうどいい大きさの乳首に、まるで赤ちゃんのように吸い付く。 今まで見る事しかできなかったおっぱいなだけに、我慢汁が垂れているのが自分でも分かる。 綺麗な乳首に吸い付きながら、手はま○こに持っていく。 女もかなり濡れている。 さっきまで女が自分で弄っていたクリを触る。 もっと触ってほしいのか、クリも大きくなり自己主張している。 親指でクリを触りながら、中指を割れ目に挿し込む。 喘ぎ声も一段と大きくなり、隣の部屋まで聞こえそうだ。 膣の中を掻き混ぜながら、ピストンさせる。 腰をヒクヒクさせながらイったようだ。 それでもやめずに高速で指をピストンさせると、大量に潮を吹いた。 「もうダメ。もう無理」女が叫ぶ。 構わず、続ける。更に潮を吹いている。 ぐったりとしている女に無言で愚息を挿れる。 もう、たとえ病気をうつされようといいと思った。 女がビクっと反応する。 「オーナー、オーナー」何か言っているが、構わず腰を振る。 「んっ、んんっ、ゴムはっ?」 「持ってないから付けてないよ」 「んっ、あ、ダ、ダメ…だよ、つけないとっ、んっっ」 「大丈夫、俺種無しだから」(嘘です) 「んっ、でも、あっ、ぁあ、病気とか…」 「病気持ってるの?」 「ぁ、ぁあっ、持ってないよ、んぁ、いつも、んっ、付けてしてる、ぁあっ、から」 「俺も病気なんて持ってないから心配すんな」 この女、ヤリマンのくせに意外にしっかりしている。 「で、でも…」 振るのをやめる。 「俺の事嫌いになったのか?俺のでかいの欲しくないのか?気持ちよくなりたくないのか?」 「好き。すごく好き。だから一緒に気持ちよくなりたい」 実はいきそうになったから、腰を振るのをやめたのもあり、ゆっくりとまた振り始める。 この気持ちよさに、この時はもう本当に付き合ってもいいと思えた。 少し射精感を抑えたところで、一気にスパートをかける。 女が腰をビクつかせイったと同時に、俺も愚息を抜いて、お腹の上に射精した。 つもりが、顔まで飛んでいた。 精子を処理して、一緒に裸で横になるのだが、ちん○が萎えない。 こんなに可愛いハーフで、スタイルもいい女と、 今までにエッチした事など無かったから、当然と言えば当然だ。 女に抱きつき、まだ愚息に元気があるのに気付かれる。 「オーナーまだまだ若いね」 はにかんだ顔が可愛すぎて、思わずキスをする。 くたくたになっている女に聞いてみる。 「まだいける?」 「少し休ませて」 17歳の女にエッチでリードされるのは嫌だったし、愚息が持続しなくなるかもと思い、 休ませる事もなく2回戦目に突入した。 時間を掛けて、ま○こを濡らすのも面倒臭かったのでクンニをする。 相変わらず、きれいなま○こをしている。 -中略- またしても、顔まで精子を飛ばしてしまった。 結局、この家出少女とは、これをきっかけに付き合うようになるのだが、 半年ほどで破局した。 (家にあったお金を盗んで出ていったという方が正しい) 親からは捜索願いは出せれておらず、というか 両親ともスペインで住む事になったようで、この女だけ日本に残ったらしい。 (本人談なので、真実は知らない) 同業他社のキャバクラへは行かず、うちの店でもキャバ嬢として働く事はなかった。 (30万は返した) 今、この女がどこで何をしているのかは分からない。
家出少女とのエッチな体験談 http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1323472400/